若さとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「年を重ねただけでは、
人は老いない。
理想を捨てたときに、
初めて人は老いるのです。
歳月は肌にしわを刻むかも
しれませんが、情熱を無くす
と魂はしわだらけになって
しまう。」

(サミュエル・ウルマン 教育者)

 

アンチエイジングという言葉が世の中に浸透して、
随分と時が経ちました。

その結果、「年齢不詳」なほどに若々しく
年を重ねている人たちも増えました。

しかし、その一方で「年の割には」老けているように
見える人が一定数存在するのもまた事実です。

私が周囲の人たちを観察する中から、
一次情報として次のような事実が明らかになりました。

若々しい人の特徴は、いくつになっても
「人生をあきらめていない」ことです。

「まだ自分にはやれる」
「自分には世の中で果たすべき使命がある」
と考えながら生きている人たちは、
目に光が宿っています。

生きる目的が明確なので、自ずと生命力が活性化して
若々しさを保つことにつながっているのでしょう。

それに対して、順調に老けていく人は、
「いかに楽をして生きるか」ということしか
考えていない比率が高いように思います。

隠居生活を夢見るお年寄りさながらの生き方であり、
これでは生命力が衰えていくのも当然と言えます。

結局のところ、若さとは「実年齢」ではなくその人の
「生き方」を指しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す