小賢しい真似をしてはいけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「目標の道において、
手を抜いてはいけません。
私たちの脳は、自分が手を
抜いたことに気づいており、
いつまでもそれが残ります。」

 

(ミハイ・チクセントミハイ 心理学者)

 

スポーツのトレーニングにおいて、
指導者やコーチの見ていないところで
巧妙にサボる人がいます。

それでいて指導者やコーチの見ている前では、
やる気のある振りをしてアピールします。

自分では賢く立ち回っているつもりなのかも
しれません。

しかしそういうのは「賢さ」ではなく
「小賢しさ」と言います。

小賢しさは文字通り小者の知恵です、

小者ゆえに大局観に立つことができず、
目先の利益を追って汲々としてしまうのです。

こうした小者に限って、大会当日には
人が変わったように「本気」になります。

しかし本番で急に慌ててみても、後の祭りです。

なぜなら彼らには、大一番で
根底から自分を支えてくれる
「自信」が欠如しているからです。

これまでさんざん「小賢しい」振る舞いを
続けてきた小者であることを、
誰より自分がよく知っています。

まさに「後悔先に立たず」なのですが、
大局観を持たない小者にはそれが分からない
のです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す