チャンスの神様を捕まえろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「機会は魚群と同じだ。
はまったからといって、
網を作ろうとするのでは
間に合わぬ。

 

(岩崎弥太郎 実業家)

 

「チャンスの神様は前髪しかない」
という有名な言葉があります。

「好機はあっという間に過ぎ去るので、
すぐに捕まえないと手遅れになる」
という意味です。

しかし、それだけではチャンスはつかむことは
できません。

チャンスの神様には前髪しかないので、
捕まえられるタイミングは、たったの「一瞬」です。

しかも、チャンスの神様はいつも気まぐれで、
予測もつかないときにフラリと現れます。

これでは、チャンスをつかみ損ねる人が続出したとしても、
無理はありません。

唯一、チャンスを捕まえられるのは、
チャンスの訪れを確信して、「今か、今か」
と待ち続けてきた人だけです。

「チャンスが来る」と知っているからこそ、
本気になって準備をすることができるのです。

一方、チャンスを逃してしまうのは、
チャンスの訪れを信じ切れず、「どうせムリ」
とあきらめてしまった人です。

「チャンスが来る」とは思えないからこそ、
本気になって準備をしようとは思えないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す