オマエは才能がない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「僕、浅草で修行を始めた頃
『オマエは才能がない』と
言われ続けてきたの。
でも、ぜんぜんめげなかった。
だって、チャップリンも
エノケン(榎本健一)も、
若い頃は『才能がない』と
言われていたらしいから。
天才と呼ばれていた人よりも、
才能がないと言われていた
人の方が成功している。
だから、『才能がない』と
言われてむしろうれしかった。
『これで成功するための条件を
ひとつクリアしたぞ』ってね。」

 

(萩本欽一 司会者)

 

人は様々な役回りを与えられて生まれてきます。

「オマエは才能がない」と誰かをこき下ろし
ながら、「市井の評論家」として幕を閉じる人。

「オマエは才能がない」と誰かにこき下ろされ
ながら、ブレイクしていく人。

どちらでも、あなたの好きな生き方を選べばいいと
思います。

ただ一つだけ言えるのは、
「オマエは才能がない」と誰かを
こき下ろして生きてきた人が、
将来ブレイクすることだけは絶対にない
ということです。

なぜなら、人生のコースが根本的に異なって
いるからです。

作家の浅田次郎も若い頃に、一緒に文学を志していた
先輩から「オマエは才能がない」と言われ続けて
きたそうです。

それにもめげず、彼は毎日ひたすらに本を読み、
気に入った文章を書き写し、音読してきました。

その結果、「今」があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す