嫌いな相手はムリに好きにならなくていい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「嫌いな人がいたら、
好きになるところまで
離れればいいのよ。」

 

(よしもとばなな 小説家)

                   

 

職場や学校における人々の悩みの多くは、
「人間関係」に起因します。

「人間関係」が辛すぎるあまり「離職」したり、
「不登校」になったりするケースもあり、
深刻な問題です。

「どうすれば、嫌いな相手との関係を修復
できるか」
で思い悩む人も多いようです。

ぶっちゃけて言うと、嫌いな相手と関係を修復する
必要など、まったくありません。

もちろん、それ以上「悪化」させないように、
細心の注意を払って生活するのは当然です。

しかし、「虫が好かない相手」というのは、
お互いに嫌悪感を持っているのも事実です。

ちょっとやそっとの努力で簡単に人間関係を修復できたら、
警察は必要ありません。

だから、嫌いな相手との関係修復に
貴重なエネルギーを使うくらいなら、
大好きな相手を喜ばすために脳みそを
使った方がはるかにマシなのです。

嫌いな相手とは、最低限の「挨拶」
「事務的な会話」に留めておくに
限ります。

上手に距離を取って付き合えば、
嫌いな相手の嫌な面も見ないで済むから
です。

そうすれば、嫌いな相手にも意外に
いいところがあることに気づかされる
かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す