真っ向勝負の横綱相撲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「逃げる術ばかり考えて
いないで、少しは
向かって行けって。」

 

(ビートたけし 司会者)

 

2020年のプロ野球日本シリーズは、
ソフトバンクの4連勝により、
あっけなく幕を閉じました。

ソフトバンクの戦いぶりは、
まさに「横綱相撲」という形容がピッタリで、
王者の風格が漂っていました。

終戦後、多くの識者が
「セリーグとパリーグの力の差」
について指摘しました。

では、セリーグとパリーグの間には、
なぜこれほどの実力差が生まれてしまったのでしょうか。

識者の指摘を最大公約数的にまとめると、
リーグの野球スタイルの違いに原因が
あるようです。

変化球主体でかわす投球のピッチャーと、
コツコツ当てていくバッターのセリーグ野球。

速球で真っ向勝負を挑む投球のピッチャーと、
フルスイングで挑むバッターのパリーグ野球。

いずれのスタイルにも、プロとしての洗練された
技術の高みがありますが、
実際に対決して結果を残しているのは
後者のスタイルです。

小手先の技術を磨くのは、弱者が強者に
立ち向かうためには有効な手段です。

しかし、真の強者になるためには、
土台となる圧倒的な地力が求められます。

今回の日本シリーズは、
「テクニックだけでは横綱相撲には
対抗できないこと」
を、
図らずも私たちに教えてくれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す