仕事におけるやりがい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「本当にやりがいを
感じたければ、
まず仕事を全力で
行わなければなりません。
適当にやってやりがいを
感じられる仕事など、
どこにもないからです。
要するにやりがいという
ものは、与えられるもの
ではなく、自分で作るもの
なのです。」

 

(浜口直太 経営コンサルタント)

 

「自分の仕事は単純作業の連続で、
やりがいなんて何も感じられない」
とうそぶいている人がいます。

「もっと難しく、他人から注目される
ような仕事に挑戦したい」
と考えている
のです。

しかし、あなたが経営者になったつもりで
考えてみてください。

あなたの部下に、目の前の仕事を軽んじる
人間がいたとして、その人に何か重要な仕事を
与えたいと思うでしょうか。

おそらく100人中100人の経営者が、
NOと答えるはずです。

必要な単位を取得できない学生には留年が
待っているように、雑用や単純作業を
バカにする人は永遠にその仕事から卒業させて
もらえません。

目の前の仕事をいくらバカにしていても、
誰もあなたのことを賢いとは思いません。

むしろ、「いつまで経っても仕事を覚えない人」
とバカにされるだけです。

どんな仕事でも極めてプロの域に達すれば、
周囲から一目置かれてやりがいを感じずには
いられなくなるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す