味のある苦労人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「苦労人というのは、
ややこしい苦境を優雅に
切り抜ける人のことである。」

 

(サマセット・モーム 作家)

 

「苦労は買ってでもしろ」とは言うものの、
しなくてもいい苦労ならやはり避けた方が賢明です。

なぜなら、苦労が必ずしも人生にプラスに
働くとは限らないからです。

むしろ、苦労は人生に多くのマイナスをもたらします。

人間不信に陥るほどの苦労は、
性格を捻じ曲げ、人生そのものを
歪ませます。

結果、一生消えないほどの大きな心の傷を
背負い込むこともあるのです。

挫折から這い上がって、のし上がっていく
成功談がもてはやされるのは、
それがめったにないことだからです。

奈落の底に落ちたきり二度と這い上がってこられない
ケースの方が、圧倒的大多数を占めます。

苦労が人を強くしてくれるわけではありません。

大切なのは、苦労をどう乗り越えるかということです。

人生に疲れた顔をしているのは、ニセモノの苦労人の証。

ホンモノの苦労人は、苦労を経験に変えながら、
実に深みのあるいい顔つきをしているものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す