脳を味方につける仕事術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「一生のうちにその人の中
にある資源を使い切れる人
などほとんどいないでしょう。
まだ使われていない力が、
すべての人の深い井戸の中
に眠っているのです。」

 

(リチャード・バード 冒険家・探検家)

 

「明日までにこの原稿を仕上げないといけない」

「今週中に企画書を起案しないといけない」

気の重い仕事を抱えていると、目には見えない
プレッシャーとして四六時中のしかかってくる
ものです。

もしも、こうした気の重い仕事に一緒に取り組んで
くれる頼もしいパートナーがあなたの側にいてくれる
としたらどうでしょうか。

一気に肩の荷が下りて、気が楽になるはずです。

実は、この頼もしいパートナーこそが、
タイトルにもある「脳の力」なのです。

脳の力を借りるベストのタイミングは、
就寝前になります。

自分が明日成し遂げたい仕事について、
それを成し遂げた姿をありありと思い描くのです。

「〜したい」という願望ではなく、
「既に成し遂げた」という「完了形」
で思い描くのがコツです。

さらに、その仕事の最初に取るであろう
「第一歩目」の行動を思い描いて、
達成感に満たされながら眠りにつきます。

さらに、翌朝目を覚ましてから、
もう一度「既に成し遂げた」という実感
を味わえたら万全です。

どんな大変な仕事でも、スイスイこなせる
こと請け合いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す