仕事と幸福

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「幸せの秘訣は、
自分が思う存分、
力を発揮できる仕事を
見つけることである。」

 

(林語堂 言語学者)

 

「ワークライフバランス」という言葉に、
違和感を覚えます。

そもそも何をもって、
バランスを定義するのでしょうか。

大事なのは労働者が、
幸せや働き甲斐を感じているかどうか
ではないでしょうか。

端的に言うと、自分が本当に好きな
仕事をしていれば、ワークとライフの
バランスを取ろうとは考えないものです。

「ワークこそがライフであり、
ライフこそがワークである」
という人生を歩むことができれば、
もう怖いものはありません。

そんなことを言うと、「好きなことを
仕事にできるのは、1万人に1人。
甘いことを言うな」とお叱りを
受けそうです。

確かに東京ドームをいっぱいにできる歌手や、
プロ野球の1億円プレーヤー、
筆一本でメシを食える文筆家などは、
1万人に1人の才能がなければ
やっていけません。

私が言いたいのは、そういうことでは
ないのです。

今あなたが取り組んでいる仕事に、
「1%でも才能を生かす工夫をして
みてはどうですか」とご提案している
のです。

もしもあなたに100人に1人、
1000人に1人程度の才能があるなら、
その能力を仕事に生かすことで
間違いなく今よりも幸せになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す