老人の知恵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「年寄りになったからって、
賢くなるもんじゃありませんよ。
用心深くなるだけですな。」

 

(アーネスト・ヘミングウェイ 小説家)

 

その昔、人類が部族ごとに集落をつくって
暮らしていた頃、一族から崇められる
長老と
呼ばれる人がいました。

人々は困ったことが起こると、
知恵を授けてもらうために
長老のもとへ足を運んだものです。

しかし、今や核家族化が進み、
若夫婦は団地に住居を構えて独立して
生活するようになりました。

年寄りは、定年を迎えると
職場からお払い箱となり、
社会からは必要の無い存在として
切り捨てられてしまいます。

かくして、代々受け継がれてきた
部族の知恵は、とうに死に絶えて
しまったのです。

もちろん、現代でもかつての長老のように
「人生の知恵」を携えて生きる賢者も
少数ながら存在しています。

しかし、部族に長老は一人しかいないように、
すべての年寄りに卓越した知恵を期待するのは
間違っています。

なぜなら、ただ年を取れば勝手に賢くなる
ものではないからです。

多くの大人がそうであるように、
年を重ねても愚かな人はいつまでも愚かなままなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す