勝敗は戦う前に決している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「『勝てるわけがない』
と思った瞬間に勝敗は
決しています。
勝てないと思う相手に
勝てるわけがありません。」

 

(泉忠司 教育者)

 

プロの格闘家や武術家は、お互いに
構えたり、
組んだりした瞬間に
相手の強さが
「肌で分かる」と
言います。

もしも、そのときに「勝てるわけがない」
と感じたら、その後どんなに必死に頑張っても
勝負をひっくり返すことはできません。

まさに、「思考が現実化する」のです。

では、「勝てる」「勝てる」と念じながら
相手と戦えばいいのでしょうか。

それもちょっと違います。

そもそも、負ける予感がしてしまうのは、
実力で相手に劣っているのが原因です。

その肝心の実力を磨かずに、いくらアタマで
「勝てる」「勝てる」と念じたところで、
何の解決にもなりません。

姑息な悪あがきはやめて、サッサと負けを認めて
しまうことです。

そして、その悔しさをバネに愚直に自分の実力を
蓄えていくことです。

最終的な勝者は、得てして最初は負けを喫する
ものです。

負けを経験しながら、少しずつ賢くなり
真の強者へと
成長していくのです。

もちろん、真の強者になったからといって、
百戦百勝できるわけではありません。

宮本武蔵も、勝てる相手としか
勝負をしなかったからこそ、
剣豪として名を残せたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す