孤独を愛する人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私は頻繁に独りにならないと
だめなの。
土曜の夜から月曜の朝まで
アパートで独りで過ごせたら
とても幸せよ。
そうやって自分に燃料を
補給してるの。」

 

(オードリー・ヘップバーン 女優)

 

 

この世には、常に誰かと群れていないと
不安に感じる人がいるようです。

彼らにとって、誰かと「群れる」ことこそが
存在価値を確認する行為であり、
「孤独」は自らの存在の否定につながると、
頑なに信じているのです。

カフェや職場、レストランなどで、
大人数で騒いでいるグループの顔ぶれを見ると、
楽しげな作り笑顔とは裏腹に、どこか寂しげです。

「不安」でつながった関係には、
どこまでいっても「不満」しか残らないのです。

 

そんな愚にもつかない相手と、束の間の空白を埋める
くらいだったら、いっそ1人で過ごす方が、どれほど潔いことか。

「群れ」の中で、人生を消費しながら過ごすよりも、
「孤独」の中で自分に人生を投資した方が、
はるかにリターンは大きいのです。

少なくとも、いい女はどうでもいい相手と
群れたりはしません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す