内なる弱さを受容せよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「弱いのは決して恥では
ない。
その弱さに徹しえないのが
恥だ。」

 

(島崎藤村 詩人)

 

人は誰しも、「弱さ」を抱えながら
生きています。

どんなに強そうに見える人間でも、
心の奥深くに「弱さ」をひた隠しながら
生きているのです。

しかしながら、「弱さ」を克服しようと
頑張るのは、
あまり賢い生き方とは言えません。

なぜなら、その「弱さ」は生得のものであり、
いわば人に与えられた宿命のようなものだからです。

どんなに努力しても、生まれた時代や
氏素性を変えることができないように、
「弱さ」を克服しようとする頑張りは
不毛に終わります。

「弱さ」をコンプレックス(劣等感)として
引け目に感じている限り、
いつまでも「弱さ」としてそこに居座ります。

そして、無限にあなたの人生の足を
引っ張り続けるのです。

しかし、「弱さ」を真正面から受け入れた瞬間、
その「弱さ」は、逆にあなたの「強み」に
変わります。

そして、人生を共に歩むパートナー(同胞)として、
力強くあなたを支える側に回ってくれるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す