意志あるところに道は開ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何としても2階に上がりたい、
どうしても2階に上がろう。
この熱意がハシゴを思いつかせ、
階段を作り上げる。
上がっても上がらなくてもと
考えている人の頭からは、
ハシゴは生まれない。

 

(松下幸之助 実業家)

 

ダイエットがうまくいかない人の共通点は、
「何のために」という目的意識が弱いことです。

ただ漠然と、「二の腕のお肉が気になるから」とか、
「お腹の周りが気になるから」といった理由では、
人は動けません。

何しろ、ダイエットの敵は「生存欲求(食欲)」
です。

生ぬるい覚悟では、とても太刀打ちできません。

かくして、新手(あらて)のダイエットに淡い期待を
抱いては、挫折する1年を繰り返すのです。

しかし、「何のために」という目的意識が
明確な人たちは、いともやすやすと
ダイエットをやってのけます。

新たな恋を見つけた女性や、試合前のボクサーは、
ほとんど100%の確率でダイエットに成功します。

なぜなら、彼らはダイエットが「最終目的」
ではないことを熟知しているからです。

その先にある「恋愛成就」「試合の勝利」
というゴールが見えている人はモチベーションが
違うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す