能力の輪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「成功のための秘訣。
それは自分の能力を
しっかりと見極め、
どんな能力であれ
その才能だけに
専念することだ。」

 

(アラン・ダウンズ 心理学者)

 

世界一の投資家と言われるウォーレン・バフェットは、
次のような言葉を残しています。

「もっとも重要なのは、能力の輪を
大きくすることではない。
その輪の境界をどれだけ厳密に
決められるかだ。」

たとえば、会社の業績が右肩上がりだからといって、
無限に成長し続けることはあり得ません。

どこかの時点で、成長は必ず頭打ちに
なるものです。

その限界を正しく見極められなかった会社は、
世の中から淘汰され消えて行く運命です。

同じことは、一個人の人生にも当てはまります。

「やればできる!」と勇ましく自分を奮い立たせて
失敗したとしても、自分で責任を取ればいいので
何も問題はありません。

しかし、我が子や部下に向かって、
「やればできる!」と安易に背中を押すのは、
非常に無責任な行為で罪が重いことを
自覚しなければなりません。

「やればできる!」と軽々しく口にできるのは、
真剣に相手のことを考えていない証拠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. きりりん より:

    これは教える立場として、心に留めておかなくてはいかない考え方ですね。やればできるって…簡単に言ってしてしまっていました。

コメントを残す