好きこそものの上手なれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「文章は書かないと
うまくならない。
量が質を保障する面もある
ので、とにかく書き続け
たい。
変に自分を大事にしすぎて
作品を絞ったりするのは、
もっともっと先のことで
いい。」

 

(石田衣良 小説家)

 

「文章を書くのが苦手だ」と言って、
書くことから逃げ続けていたら、
あなたはいつまで経っても文章が下手なままです。

下手だからこそ、意識的に書くように
しなければ永遠に文章は上達しません。

しかし、「下手の横好き」ながらに書くことを
続けていくと、流れるように文章が頭の中から
紡ぎ出されてきます。

そうすると、書くことがだんだん好きになってきます。

結果、ますます熱心に文章について勉強して進歩・向上を
続けていくのです。

これこそ、まさに「好きこそものの上手なれ」
です。

この「好循環」に入っていくために、
あなたがやるべきことはたった1つです。

それは、己の「下手さ」を自覚すること。

自分は「まだまだ」だと分かっているからこそ、
絶え間なく向上心を持って努力して、
上達の喜びを味わうことができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す