作家とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「皆さんの知っている作家は、
誰であれ第一稿はひどいものです。
でも、彼らは机に向かい続けます。
たぶん、それが皆さんと作家との
違いでしょう。
彼らはひたすら書くのです。
自分との約束として、ツケでも
払うかのように、内から出てくる
ものとして、毎日少しずつ物語を
語るのです。」

 

(アン・ラモット 小説家)

 

「スランプだから書かない」のが、普通の人です。

それに対し、「スランプだけど書く」のが、作家です。

プロの定義とは「不調時においてさえも、
アマチュアのハイスコアを叩き出せること」
だと言われています。

作家には、「スランプだから書かない」という
選択肢はあり得ません。

「スランプ」を理由に書くことから遠ざかるから、
ますます書けなくなるのです。

書くことの悩みは、書くことでしか解決できません。

プロが毎日必ず机に向かう時間を確保しているのは、
そのためです。

普段からアウトプットしているからこそ、
新たなネタが気づきとして訪れるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す