旅の恥はかき捨て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「やってしまったことの後悔は、
日々小さくなる。
でも、やらなかったことの後悔は、
日々大きくなる。」

 

(林真理子 小説家)

 

「旅の恥はかき捨て」などと言いますが、
これは「人生という旅」においても、
そのまま当てはまります。

あなたが大きな失敗をして、「顔から火が出る」ような
思いをしたとしても、
月日が経てば周りはすっかり忘れてしまうものです。

まして、赤の他人があなたの「恥部」
いつまでも記憶しているほど暇ではありません。

「やったことの後悔」は、いつしか忘却の彼方へと
消滅してしまう定めなのです。

しかし、「やらなかったことの後悔」は、
あなたをいつまでも苛(さいな)みます。

「どうして、あのとき何も言えなかったのか」

「なぜ、あのとき尻込みしてしまったのか」

そんな思いが、いつまでもあなたの胸の奥底でくすぶり続けます。

そして、「5年後」や「10年後」、
忘れかけた頃にふいと顔を覗かせては、
あなたの心を執拗(しつよう)にもてあそぶのです。

「やってしまったこと」で他人から嗤(わら)われるか、
「やらなかった後悔」で自分を責めるか。

どちらを選んだとしても、あなたの人生です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す