自分の声に責任をもつ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「素人とプロの違いは
いろいろあるけれど、
一番はやっぱり声の
大きさだ。
素人は喉でしゃべるが、
プロは腹でしゃべる。
だから、プロはどれだけ
大きな声で何時間しゃべって
いても、喉をつぶさない。」

 

(松本人志 お笑いタレント)

 

「しゃべりが上手くなりたい」という人の多くは、
話の内容や組み立てばかりに興味があるようです。

しかし、「メラビアンの法則」では、
人にもっとも影響を与えるのは
視覚情報が55%、
聴覚情報が38%、
肝心の話の中身は7%に過ぎない、
と言われています。

つまり、人に影響を与える話し手になるには、
話の内容だけにテコ入れするのではなく、
見た目や声の質を改善する方が早道ということです。

なかなか、人に自分の話を聞いてもらえない
という人は、声が不明瞭であったり
相手にまで届いていなかったりすることが
多いようです。

その原因の1つに、喉から発声している
ことがあるように見受けられます。

自分の本当の声を聞いてみたければ、
ボイスレコーダーなどで録音してみてはどうでしょうか。

何事も、まず現状を知るところから改善が始まるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す