プロフェッショナルへの道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「1日5時間×365日
×10年練習を続けたら、
たいていの人はプロになれる。」

 

(羽生善治 将棋棋士)

 

とある格闘家出身の事業家の本を読んでいたら、
こんなことが書いてありました。

「自分が現役時代に一度も負けなかったのは、
相手よりもたくさん練習していたからだ」

プロの格闘家でも、
それだけでは食べていけないので
働きながら練習しています。

だから1日に2時間のジムワークが精々。

しかしスポンサーがついていた彼は、
丸一日練習に費やせたというのです。

彼が負けなかった理由はそれです。

格闘技の過酷な環境に比べると、
ビジネスはちょろいと彼は断言します。

「ビジネスというリングでは、
あまりみんな努力していないのです。
相手はお酒ばかり飲んで練習しない。
そんな対戦相手があなたのライバル
なのです。
勝てますよね?」

ちなみに職場で過ごす時間は、
トレーニングでもなんでもなくただの業務です。

サラリーマンは、ダラダラ働いていても
給料がもらえます。

そんな環境でいくら働いていても、
仕事力は磨かれません。

ビジネスにおける練習とは、
土日に身銭を切って研修に参加したり、
本を読んだりして勉強することを
指すのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す