指示待ち族

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「上司が手取り足取り
教えてくれる職場で
あればあるほど、
『教えてくれるもの』と
社員は勘違いするようになる。
そんな考えのもとでは、
スキルの習得はとても非効率に
なる。」

 

(長野慶太 小説家)

 

「少子化」になってきたせいか、
今時の子どもは家庭や学校で随分と
「手取り足取り」甘やかされているようです。

勉強で分からないところがあっても、塾に通って先生に
「教えられる」のをじっと待ちます。

その結果、大人になっても「誰かが教えてくれる」
のをじっと待つ人が増えていくのです。

これを、揶揄(やゆ)して「指示待ち族」
と称します。

それがまだ20代前半の若者であれば、
「指示待ち族」でもまだかわいげがあります。

でも、中年のいい年したオジさんが「誰かが教えてくれる」
のをじっと待っていても、洒落にもなりません。

マニュアルで伝えられるのは、仕事のスキルの
「表面的な部分」だけです。

その仕事の「本質的な部分」については、
もはや言葉では伝えることが困難で、
自分で「盗み取る」以外に方法はありません。

しかし、彼ら「指示待ち族」の辞書には、
「盗み取る」という言葉は存在しないようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す