バカになれる余裕を持とう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いい手本を示そうと
する者は、
自分の徳に微量のバカげた
ところを添えなくてはならぬ

すると人は見習って、
同時にその模範を眼下に
見下ろす。
これが、人の好むところ
である。

 

(ニーチェ 哲学者)

 

世の中の99%の人は、
「自分のことを少しでも賢く見せよう」
と躍起になっています。

1%の人だけが、ほんのちょっと
ボケたふりをして、「バカに徹する」
ことができるのです。

「本当のバカ」「バカに徹する」ことは
一見同じに見えます。

しかし、その内実は「月とスッポン」です。

賢く見せようと頑張るのが、「本当のバカ」。

ボケたふりをしようと頑張るのが、
「バカに徹する」人です。

つまり、ベクトルの向きが180度違うのです。

人は、無意識のうちに自分のコンプレックスを
覆い隠そうとします。

99%の賢ぶる人たちは、
自分に実力が備わっていないことなど
百も承知です。

持っているのは、不当に高いプライドだけ。

一方、1%の人々には実力に裏打ちされた
余裕があります。

だから、進んでボケたふりができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す