いつもと違うことに挑戦する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ドライブに行った帰り道
は早い。
なんで言うたら一度見た風景
やから。
だからドライブ行ったときは、
帰り道は違うルートで帰んねん。
生きることもそうやて。
今までと違う生き方をすんやて。」

 

(島田紳助 司会者)

 

一般に、年を取るほどに頭の働きが鈍くなるのは
なぜでしょうか。

もちろん、その理由の1つには加齢が
あります。

しかし、ご高齢にもかかわらず、頭のキレが鋭い人
がいるのも事実です。

では、年を取っても頭の働きを鈍らせないためには、
何をすればいいのでしょうか。

それは、生活の中に何か1つ、
これまでとは違う要素を取り入れることを
試してみることです。

たとえば、外食するときに行きつけの店ばかりに
足を運ぶのではなく、たまには違うお店を試して
みるのです。

あるいは、いつも同じ料理を食べているのであれば、
メニューを開いてたまには違うモノを頼んでみる
のです。

読書をするのであれば、いつもAmazonから
提示されるオススメの本ばかりを買うのではなく、
リアル書店に足を運んでみるのです。

そして、いつもは通り過ぎる書棚の前に立ち止まり、
サーッと背表紙を眺めます。

もしも、ピンとくる本が見つかれば、
とりあえず買って読んでみることです。

こうした些細な挑戦が、あなたの脳を
刺激してくれるのは間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す