本当の男らしさとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「男はロマンティストで
神経が繊細。
女は現実的で神経が図太い。
だから、神様は男に腕力を
与えたのです。」

(三輪明宏 タレント)

 

「女が強くなって男が弱くなった」
言われますが、本当にそうでしょうか?

単に虚飾が剥がれ落ちて、元々あった現実が
あらわになっただけ、としか思えません。

男たちが、本能的に強さを求めてしまう
のは、「内なる弱さ」のコンプレックスの
裏返しです。

たとえ、筋トレとプロテインで屈強な外見は手に入っても、
内面的な強さとは全くの無関係です。

皮肉なことに、男らしさを求めれば求めるほど、
内なる「強さ」からはかけ離れてしまいます。

なぜなら、男らしさの本質は、
繊細さを持ち合わせた
生粋のロマンティシズムに
あるからです。

まことの「強さ」を欲するならば、
「男らしさ」という幻想からいいかげん目を覚まし、
「女らしさ」にこそ学ぶべきです。

女たちは、その美しい外見とは裏腹に、
神経が図太く徹底的なリアリズムに
生きています。

生半可な筋肉武装で対抗できるほど、
女たちはヤワではないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す