本当の勇気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「勇気がある人というのは、
心の落ち着きが姿に現れて
いるものです。」

 

(新渡戸稲造 教育者)

 

チャンバラ映画で役者さんの殺陣を見ると、
当時の侍たちが普通に勇ましく斬り合っていた
かのような幻想を抱きます。

これはとんでもない誤解です。

まともな神経の持ち主であれば、
実際の命のやりとりの場で堂々と
刀を構えることなど不可能です。

せいぜい、へっぴり腰になって、
刀の先でチョンチョンとつつき合う
のが関の山です。

特に、「自分は○○流の免許を取った」
などと豪語する猛者に限って、
実戦ではてんでだらしなかったのだとか。

では、なぜ新撰組が群を抜いて強かったのか
といえば、普段から命のやりとりを想定した
訓練を積み重ねていたからです。

しかも、敵に後ろを見せたら新撰組副長の土方から
切腹を命じられるので、彼らには敵を斬るしか
選択肢がなかったのです。

死地に赴いて力を発揮するのは、
いかにも強そうな風貌の猛者ではなく、
意外にも肩の力が抜けて落ち着いたタイプ
なのだそうです。

侠客清水の次郎長も、こんな言葉を残しています。

「実戦では、刀の先で相手の剣先を
はじいてみるといい。
大抵のヤツは腕が石のようにカチカチに
固くなっているから簡単に倒せる。
でも、剣先に力が入っていないのは
ホンモノだ。
一目散に逃げるに如かずだよ。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す