才能のお試し期間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「才能がなければどうにも
ならないが、努力しなければ
本当に才能があるかどうかも
分からない。」

 

(島田紳助 司会者)

 

「自分には才能があるかどうか
分からない」
といって、動き出さない人がいます。

ハッキリ言って、
「悩んでいる時間がもったいない」
と思います。

ウダウダ言っている暇があるなら、
とりあえずやってみればいいのです。

実際に試してみて、「意外と楽勝だ」と
感じるなら、間違いなくあなたには
才能があります。

しかし、試してみて「けっこう大変だな」
思うのであれば、その分野を仕事にしたら
地獄の人生が待っているだけです。

どんなジャンルでも、プロとして
成功している人たちは自分のことを
ひそかに「天才」だと確信している
ものです。

逆に、そのくらいの自信が無ければ、
とてもプロではやっていけません。

だから、若い内は興味があることに何でも
首を突っ込んでみるべきです。

そこから、思わぬ自分の才能が見つかるかも
しれないからです。

若い内に自分の才能が見つかれば、そこから
たっぷり時間をかけて磨き上げることができます。

才能を磨き上げて世の中に出ていくには、
だいたい10年はかかります。

スタートは早ければ早いほどいいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す