過ぎたるはなお及ばざるがごとし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仁に過ぎれば弱くなる。
義に過ぎれば固くなる。
礼に過ぎれば諂(へつら)
となる。智に過ぎれば嘘をつく。
信に過ぎれば損をする。」

 

(伊達政宗 戦国武将)

 

儒教では、いわゆる「人間力」
5つの要素に分類しています。

これが、「五条の徳」である
「仁義礼智信(じんぎれいちしん)」です。

「仁」は優しさ、「義」は人としての正しい道、
「礼」は礼節、「智」は善悪を判断する知恵、
「信」は言行一致の姿と言われています。

「五条の徳」においてもっとも大事なのは、
そのバランスを保つことです。

中国には、行き過ぎた「仁」を戒める
「宋襄の仁(そうじょうのじん)
という言葉があります。

春秋時代、宋と楚が争っていたとき、
楚が布陣を終わらないのを見て、
「攻撃するチャンスですよ」
宋の襄公に進言する部下がいました。

しかし、襄公は
「君子は人が困っているときに、
これを苦しめてはならない」

言ってこの進言を退け、
結果的に戦いにも敗れてしまいました。

このように、「五条の徳」もバランスを欠くと、
かえって周りへの迷惑になりかねないと
いうことです。

儒教では、「中庸(ちゅうよう)
ことのほか重んじられているのも当然のことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す