足るを知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「こんなはずじゃなかったのに、
という考えは捨てなさい。
こんなはずなのだから。」

 

(ウェイン・W・ダイアー 心理学者)

 

「もっといい学校にいけたのに」

「もっといい仕事に就けたのに」

「もっといい旦那(妻)を見つけられた
のに」

こういったグチの最後には、
必ず次の言葉が続きます。

「こんなはずじゃなかった」

もしかしたら、もう少しいい学校に行けたかも
しれないし、別の仕事に就けたかもしれないし、
別の伴侶との人生も待っていたかもしれません。

しかし、よく考えてみてほしいのです。

その時のあなたにとって、
それがベストの選択だったのです。

あなたが精一杯頑張って、獲得できたのが
現在の人生なのだ、という事実を
まずはきちんと受容することです。

その事実を受容できた人には、
次の人生が待っているかもしれませんが、
「こんなはずじゃなかった」と考える人には、
どんな未来も待っていません。

なぜなら、何事も事実からしか出発できないからです。

「こんなはずじゃなかった」という幻想に
しがみついている限り、創り出される現実も
ニセモノであり、やがて狂気の世界へと
迷い込んでしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. きりりん より:

    若い時にこの言葉を知って、欲張りな自分を戒めるものだと思っていました。今の自分を受け止めて、見つめ直す意味もあるのだと改めて知りました。

コメントを残す