キャラが立つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分の価値観をもって
生きるってことは、
嫌われて当たり前なんだ。」

 

(岡本太郎 書家)

 

面白いマンガやアニメの主人公というのは、
ハッキリとした個性が確立されていて、
他よりも目立って見えます。

そのことを専門用語では
「キャラが立つ」と言うそうです。

もしもマンガやアニメの主人公が
「八方美人」で、個性が見えにくい
キャラクターだとしたら、
絶対にコアなファンが付くことは
ありません。

コアなファンが生まれるということは、
反面アンチを生むということでも
あります。

ハッキリとした個性を打ち出す
ということは、「万人向け」の
普遍性を捨てるということだからです。

当然好きになる人からはとことん好かれるし、
嫌いになる人からはとことん嫌われるわけです。

そもそも「国民的○○」と呼ばれるモノ
に対して、全国民の大半は無関心です。

せいぜい国民の大半から
「名前を知られているだけ」
という認知度の高さという点で
「国民的」というわけです。

これは個人の人生に照らしてみても
同じことです。

あなたのことを好きになってくれるのは
全体の「2割」、無関心が「6割」、
嫌ってくるのが「2割」と覚えておけば、
うんと気が楽になるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す