自分で自分を教育する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「社会が自分を裏切ったから、
自分はダメになったなどと
言うのは口実に過ぎない。
自分の教育に責任があるのは
まず自分であり、
最終的に自分である。」

 

(曾野綾子 小説家)

 

「今の自分がこうなってしまったのは、
親や教師のせいだ」
とふんぞり返っている
人がいます。

甘ったれるのもいい加減にすることです。

百歩譲って、くだらない親や教師と巡りあって
しまったのは災難だったかもしれません。

しかし、そのことをグチってもいいのは、
20歳までです。

20歳を過ぎて、まだ親や教師のせいにしているのは、
精神的に「親離れ」できていない証拠です。

20歳を過ぎたら、つべこべ言わず
人生は自分で切り拓いていくものです。

仮に、師と仰ぐべき人物が周囲にいなければ、
書籍に学べばよいではありませんか。

実際に、元ボクサーの経歴ながら独学で建築を学び、
世界的な建築家となった日本人がいます。

社会に出たら、どれだけ自分への教育に投資できるか
どうかで、
「天と地」ほどの格差が生まれてしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す