撤退を思い切るタイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「大切なのは
『あきらめないこと』と、
『あきらめるべきこと』
の見極めをハッキリすること。
『あきらめないこと』には、
中長期的な見込みとして、
自分の中に『うまくいく』
という確信がなければ
なりません。
そのためには見込みだけ
ではなく、
『うまくいくための戦略』が、
しっかり構築されていることも
大切でしょう。
もう一つは勘。
これは経験によって
蓄積されるものですから、
難しいといえば難しい
のですが、
ある程度熟練したレベル
であれば、
『これは絶対にうまくいく』
という直感に従って、
“あきらめない”という
選択を取っていくことも、
間違いではないと思います。」

 

(榊原英資 官僚)

 

物事が上手くいかないときには、
普段の自分の反対のアプローチを
試してみることです。

たとえば自分が「粘り強い」タイプ
だと自認している場合は、執着を手放して
潔く「あきらめる」ことが
道を拓くきっかけになるかもしれません。

逆に自分が「飽きっぽい」タイプだと
自認している場合は、あえて粘り強く
「あきらめない」姿勢を貫くことが
道を拓くきっかけになるかもしれません。

とはいえ、適切なアプローチを選択する判断には、
いささかの経験と知恵が要求されます。

多少の失敗は授業料と割り切り、
経験を積むことを優先させることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す