時間泥棒は嫌われる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「頼むというのは他人の時間を
奪うということ。
相手の時間をムダに奪うのは
罪です。」

 

(井垣利英 教育者)

 

あなたに与えられた「一生分の時間」
のことを、寿命と呼びます。

時間とは「寿命の断片」のことです。

「時間をムダにした」というのは、
すなわち「寿命をムダにした」
ということと同じです。

「時間を大事にしよう」というのは、
すなわち「命を大事にしよう」
ということと同じです。

つまり、相手の時間を奪うということは、
相手の命を奪うことに他ならないのです。

世の中には、そんな当たり前の事実に気づいていない
人があまりにも多いです。

たとえば、スマホでググれば簡単に分かることを、
「分からないから教えて」と軽々しく
尋ねてくる人がいます。

百歩譲って、まだ年端もいかない子どもが
親や教師に質問するならまだ許せます。

しかし、いい年をした大人が軽々しく
人に聞くのはいかがなものか、と思います。

「ここまで調べてみて、ここまで分かった。
でも、ここが分からないから教えて」
と聞くのが最低限のマナーです。

相手は質問者のために、貴重な命を削って
考えて回答してくれているのです。

人としてそのことへの敬意を忘れてはいけないと、
私は思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す