時間は有限

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「全体的に思考して、
局所的に行動せよ。
最小限を行使しつつ、
最大限を達成せよ。」

 

(バックミンスター・フラー 建築家)

                   

 

お正月になると、1年の目標を立てる人が
続出します。

逆に言うと、お正月くらいにしか人生の目標を
考えていない人が大半ということです。

しかし、きちんと人生の目標を管理しながら
生きている人もごく少数ながら存在します。

その中には、1年間の目標はおろか、
数十年先の目標まで明確に立てている
人もいるのです。

途中で目標が変わることも見据えた上で、
「大局観」で生きているのです。

なぜ、そんな先のことまで考えているかというと、
時間は有限であることを明瞭に自覚しているから
です。

だから、少しでもムダを省いて人生を充実させようと
考えているのです。

有限な時間を有効活用するために、
ムダな仕事を捨てる工夫も必要です。

2割の要素が全体の8割を決定する
「パレートの法則」に照らして、
最重要の2割の仕事に優先的に
取り組みます。

たとえ上司からの頼みであっても、
非本質的でムダな仕事だと思えば、
上手に断る技術を磨いておくのも
仕事人として不可欠の教養です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す