虎の子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「危険を冒して前へ進もう
としない人、未知の世界を
旅しようとしない人には、
人生は、ごくわずかな景色しか
見せてくれないんだよ。」

 

(シドニー・ポワチエ 俳優)

                   

 

中国に、「虎穴(こけつ)に入らずんば
虎児(こじ)を得ず」
という言葉があります。

虎が住まう穴に危険を冒して入っていかなければ、
虎の子(大きな宝)は手に入らないという意味です。

人生は、商取引のようなもので、
何かを手に入れようと思えば、
それに見合う代償を支払わなければなりません。

これを「代価の法則」といい、手にする利益と
支払う代償とは、ちょうど天秤のように釣り合っています。

もしも、人生を変えるほどの大きな何かを手に入れようと
思うならば、同等の大きなリスクを背負わなければ
ならないということです。

誰しも我が身が可愛いし、できることならリスクなど
背負いたくないというのもわかります。

でも、リスクを取らずに利益だけを
貪ろうとするのは、商品だけ受け取って
支払いを拒否するのと同じくらい、虫のいい考え方なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す