夢を叶える人の思考法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私はこういうことをやる。
私にはできる。
ハッタリでもいいから、
そう言い切ってしまう。
そして今度はそれを
ハッタリでなくすために、
必死に考え抜くのだ。」

 

(表三郎 翻訳家)

 

夢を叶える人というのは、
名もなく貧しいときから
その他大勢の人とは違っています。

その他大勢の人たちが、
「どうせムリ」とか「私なんて」と
腰が引けているときに、
既に夢を叶えた人として生きている
のです。

これは、妄想の世界の「夢遊病者」として
生きるという意味ではありません。

夢を叶える人たちは、
徹底的な現実主義者(リアリスト)
として生きています。

自分のダメな部分からも、
きちんと目をそらさず直視するからこそ、
夢が叶うのです。

あくまでゴールをきちんと定めた上で、
そこに近づくために現状に立脚して
逆算しながら人生を歩んでいるのです。

それは、「夢が叶うといいな」という期待とは、
まったく似て非なるものです。

まるでタイムマシンで未来を覗いてきたか
のように、「夢が叶う」ことを既に知っている
という感覚に近いものかもしれません。

未来において夢が既に叶っており、
そのつじつまを
合わせるために
「今を生きる」とでも言えばいい
のでしょうか。

だから、彼らは夢が叶った瞬間、嬉しさと同時に、
「ああ、やっぱり叶ったか」という
不思議な感慨を抱くのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す