できる理由を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「出来ないという言葉は使っちゃ
いけない。
それよりも、できる理由を考えなさい。
決して諦めないこと。
その諦めないという気持ちの中にこそ、
自分のしたいことやビジネスを成功させる
原動力が潜んでいるんだ。
大事なのは勉強と知識、そして、考え方。
この3つだ。」

 

(泉正人 投資家)

 

日本の子どもたちの自己肯定感が、非常に低いといわれます。

ある調査結果によると、「自分はダメな人間だと思うか」
という質問に対し、日本の高校生の実に7割が
「ダメだと思う」と回答しています。

こんなに自己評価が低ければ、自分の夢を追いかけて
人生を主体的に切り拓いていくなど夢のまた夢です。

また、親や学校は子どもたちに対して「転ばぬ先の杖」で、
やる気をくじくような言葉を口にします。

こうしたドリーム・キラーに夢を打ち砕かれないためにも、
私たちはもっと強く賢くならなければなりません。

どうしても「自分にはできない」という思いが払拭(ふっしょく)
できないなら、自分で自分を鼓舞するしかありません。

紙とペンを準備して、「自分にはできない」という思いに対する
反論として、「できる理由」をひたすら列挙していくのです。

その結果、少しでも「できそう」に気持ちが傾いてくれば、しめたものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す