潜在意識で考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私は眠るときも、
メモと鉛筆を枕元に
用意する。
あなた方も四六時中
考える習慣を付けなさい。」

 

(安藤百福 実業家)

 

差し迫った用件で、どうしても翌朝までに
まとまったアイディアがほしいとき、
あなたならどうするでしょうか。

眠い目をこすりながら、徹夜で考え続ける人。

「そんなのムリ」とハナから諦めてしまう人。

だいたい、この2パターンの人に分かれると思います。

しかし、これらの方法では、あまり芳しい結果は
得られません。

土壇場で起死回生のアイディアを
モノにするには、潜在意識を活用する
ことです。

まず、起きている間にありったけの資料に
目を通し、必要な情報を可能な限り頭に
叩き込みます。

そうして、脳みそを絞るくらい考え抜いた後は、
リラックスしてグッスリ眠ることです。

すると、翌朝にはこれまで思いもよらなかったような
アイディアが、ポンと出てきます。

これは、潜在意識の中で情報と情報とが
有機的に結びつき、熟成された結果です。

いわゆるアイディアマンと呼ばれる人たちには、
この力を巧みに活用している人が多いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す