人生のどん底でやるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「どんなに勉強し、
勤勉であっても、
上手くいかないことある。
これは機がまだ熟していない
からであるから、
ますます自らを鼓舞して
耐えなければならない。

 

(渋沢栄一 実業家)

 

運気がどん底にまで落ちているときには、
やることなすこと裏目に出てしまいます。

「こんなに頑張っているのに、どうして?」
と神様を恨みたくなるかもしれません。

しかし、どんなに辛くても腐ってしまったら
おしまいです。

現状にふて腐れている人には、
決して神風が吹くことはないからです。

どん底から奇跡のV字回復を果たす人は、
決まってどん底の時期に、試行錯誤を
繰り返しています。

花も咲かない「冬の時代」に、
どれだけ人生の種まきをやっておくかで、
その後の人生が決まります。

もちろん、すぐに結果が出るほど、
人生の種まきは甘くありません。

「うまくいかなくて当たり前、
うまくいったら儲けもの」
くらいな気持ちで、いろんな可能性に
投資しておくことです。

季節の訪れと共に花が咲くように、
機が熟すれば人生にも必ず上がり目が
やってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す