転んでもまた次がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「つまずいたからといって
そこで終わりじゃない。
軌道修正したり失敗から
学ぶことで新しい道は
開けてくる。」

 

(安室奈美恵 音楽家)

 

長い人生において失敗やつまずきなどは、
誰の身にも起こる想定内の出来事です。

そんなことにいちいち落ち込んでいるヒマがあったら、
サッサとPDCAサイクルを回すに限ります。

PDCAとは、「Plan(計画)→Do(実行)
→Check(評価)→Act(改善)」
の4つの頭文字から取った専門用語です。

ところが、ほとんどの人は「P(計画)→D(実行)」
までの流れで止まってしまっています。

これでは、成果が上がらないのは当たり前です。

「P(計画)→D(実行)」をいくら繰り返した
ところで、堂々巡りを続けるのが関の山です。

大事なのは、「C(評価)」のステップです。

「D(実行)」の結果を謙虚に振り返り、
できたこととできなかったことをきちんと
評価するからこそ、次の「A(改善)」
につなげていくことができるのです。

逆に言えば、失敗やつまずきで道が閉ざされるのは、
適正な「C(評価)」が欠けているから。

PDCAサイクルを回し続ける限り、
まだまだ人生に「打つ手」はあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す