働き方改革の本当の意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「余暇をどう使うかというのは、
人格を試すテストである。」

 

(エルバート・ハバード 教育者)

 

「働き方改革」を、「人に優しい政策」
だと勘違いしている人がいます。

バカを言ってはいけません。

逆に、世の中の「格差」がますます拡大
していくのではないか、と私は懸念して
います。

つまり、「働き方改革」によって生まれた
「余暇」をどう使うかで、あなたの未来は
決まるということです。

余暇を使って自己研鑽に励む人は、
ますます富み栄えます。

しかし、勉強しない人が時代に取り残されて
しまうのは必定です。

今回のコロナ騒動で学校は休校になり、
多くの人がリモートワークを余儀なくされました。

中には、「出勤しなくていいからラッキー」
くらいに考えていた人もいたようです。

しかし、中にはチャンスとばかりにせっせと勉強して
いた人もいるのです。

この差は、今後の人生を大きく分けていく
ことになるはずです。

同様に、「働き方改革」を仕事の拘束時間が減って
ラッキーととらえる人もいることでしょう。

逆に、「働き方改革」によって生まれた時間を
チャンスととらえて、自分磨きをする人も出てくる
はずです。

さて、あなたはどちらの道を選択したい
ですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す