安心感は全ての基(もとい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「安全であるということが、
ものすごく大事なの。
安心感がなければ、
成長だってできない。
安全性がないとき、
人は防衛にすべての
エネルギーを使うの。」

 

(トリイ・ヘイデン 心理学者)

 

若者に対して、安易に起業を勧める人がいます。

最近は行政などでも、スタートアップの
支援事業などを行っているようです。

行政の方から打ち明け話で伺ったところによると、
「起業をしても会社を存続できるのは
ほんの一握り。
安易に起業を勧めるのは考え物。」
ということでした。

起業に挑戦する人は、こうした現実を
踏まえた上で現実的に勝算を見極め、
「勝てる」と踏んだ上で行動を起こす
ことです。

自分の才能や実力を世間の相場に照らして、
自己分析をすることももちろん大事ですが、
もっと大事なことがあります。

それが貯金です。

最低でも1年分、できれば3年分の年収を
貯金としてキープしておくことです。

それだけのお金があれば、
夢破れたとしても生活に追われることはないし、
十分に再起を図ることも可能だからです。

ご商売をされている方は、コロナ禍で
軒並み厳しい経営を強いられていますが、
やはり貯金の大切さを口にされる人が
多いようです。

夢に向かっていけるのは、
最低限の安定を確保した人だけ
なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す