リサーチ上手は喜ばせ上手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「贈り物や援助を
受ける時は、その人が
何を与えどのように
援助してくれるのかに
注目しましょう。
贈り物や援助には
その人がよく表れて
います。
たいていの場合、
相手も同じようなものを
与えられるのを望んで
いるからです。」

 

(チャック・スペザーノ 心理学者)

 

自分の大好物を相手に与えれば、
相手も喜んでくれるだろう、
と無邪気に信じている人がいます。

しかし相手と自分は違う人間
です。

当然幸せのボタンの位置も、
違っていて当たり前なのです。

たとえばお金をもらうことで
幸せを感じる人もいれば、
手の込んだプレゼントに好意を
感じる人もいます。

あるいは相手を思いやる行動に
愛情を感じる人もいれば、
普通では手に入らないような
極上の知恵に無上の価値を感じる
人もいるのです。

大事なのはあなたが心をつかみたい
と思う相手は、何を欲しているのか
を知ることです。

来たるべきときに備えて、
あなたはリサーチに
これ努めなければならないのです。

とは言え、「あなたは何が好きですか?」
と聞くのは愚策中の愚策です。

なぜなら人は本質的に天の邪鬼であり、
あなたの問いに対して本心を語るとは
限らないからです。

遠回りな質問やたとえ話を駆使しながら、
相手の心を解きほぐす過程こそが面白いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す