夢に向かうプロセス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「夢が叶う人はわずかです。
でも、叶った瞬間は、
実は夢が消えてしまう
瞬間なのです。
ですから本当は、夢に向かって
トライしているときが、
一番幸せな時間です。」

 

(島田紳助 司会者)

 

旅行に出かけるとき、一番気分が高揚して
いるのは、
出発の日の飛行機の中だったり
します。

もちろん、目的地に着いたときには感動が
MAX
に達しますが、そこからだんだん
尻すぼみに
興奮が冷めていくのです。

人生を1つの旅だとすると、全く同じことが言えます。

人生は、何かの夢や目標に向かっているときが、
一番楽しいのです。

夢が叶った瞬間、人は「達成感」を味わうと
同時に、ある種の「喪失感」に苛まれます。

だから、「人生の達人」の中には、
あえてこの人生では
叶いそうも無いような
途方も無い夢を掲げて生きる人もいます。

あるいは、夢が叶いそうになった瞬間、
全く新しいチャレンジを自らに課しながら、
生涯挑戦者として生き続ける人もいます。

一番ダメな生き方は、ある分野で大きな実績を出した後に、
その成功にあぐらをかいてふんぞり返ってしまうことです。

「山のてっぺん」にたどり着いたら、
人生はすぐに「下り坂」に向かい始めます。

自分は「お山の大将」のつもりかもしれませんが、
実際には「オワコン」として衰退していっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す