棚ぼたの原理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「準備万端の人にチャンスが
訪れることを、幸運と呼ぶの。」

 

(オブラ・ウィンフリー 司会者)

 

運と聞くと、人知を超えた「不可思議な現象」
という印象があるかもしれません。

しかし、幸運を自ら引き寄せることもできるし、
不運を避けるべく努力することも可能です。

これを、昔の人は「人事を尽くして天命を待つ」
と表現しました。

確かに、運の成否を最終的に決めるのは天かも
しれません。

しかし、事の成否を決めるギリギリの地点まで
歩いて行くのは、私たち人間の仕事です。

その意味で、運は私たち自身である程度
作り出すことができる、と言えるのです。

ところで、ひょんなことから幸運が舞い込むことを
「棚からぼた餅」と言います。

こういう「棚ぼた」に遭遇した人を見て、
「たまたま運がよかったんだろう」
流してしまう人は、いつまでも幸運にあやかる
ことはできません。

実のところ、「棚ぼた」とはこれまでの
準備の「貯金」が貯まった結果、
引き起こされる現象です。

だから、あなたも「棚ぼた」にあやかりたければ、
まずやるべきはコツコツと地道に準備を繰り返す
ことです。

やがて、準備が習慣化して当たり前の状態になり、
忘れた頃にやってくるのが「棚ぼた」と呼ばれる
現象なのです。

だから、何もしない人には、いつまでも「棚ぼた」
がやって来ないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す