成功の代償

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「成功できない人は、
成功するのが怖いんだ。
成功には、恐ろしいほどの
責任がつきものだ。
みんな、そんな責任は
引き受けたくないんだ。」

 

(ジェームズ・ディーン 俳優)

 

人は口では「成功に憧れる」と言います。

しかし、そのくせ何も行動を起こそうと
しないのは、
成功するのが怖いからです。

何しろ、まだ成功していない自分にとって、
成功しているのは「未知の自分」です。

まだ見ぬ「成功」に足を踏み入れるよりは、
勝手知ったる「現状」に甘んじていた方が、
楽だと考えてしまうのです。

まだ成功していない人が成功していくためには、
ドラスティックな変化を求められます。

なぜなら、いかなる成功も「現状」の延長線上には
存在していないからです。

成功者と不成功者では、「思考パターン」、
「生活習慣」、「言葉」、「姿勢」、
「友人関係」のありとあらゆるものが
異なります。

つまり、それらのすべてをバッサリと見直す覚悟が
なければ、成功などとてもおぼつかないのです。

しかし、普通の人たちにとって
「そこまでしてまで成功したくない」
というのが、偽らざる本音に違いありません。

だから、いつの時代も成功していくのは
常に少数派なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す