売れる営業マンは商品に惚れ込む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「商人は惚れた商品の
販売にのみ、本気になる。」

 

(岩本浩治 経営コンサルタント)

 

保険の勧誘に来る営業のおばちゃんの
トークを聞いていて、
「この人の話には引き込まれる」
と感じた経験があなたにはお有りでしょうか。

私は残念ながら、
まだそうした営業マンのトークを
一度も拝聴したことがありません。

なぜ、彼女たちのトークには引き込まれないのか、
私なりに分析してみました。

まず、彼女たち自身がその商品を
愛用していないということです。

自分は加入していない商品を、
お客様に売りつけようとしているのです。

これでは説得力が生まれるはずが
ありません。

自分がその商品を購入してみて、
本当にお得だと実感したもので
なくては、行間ににじみ出る
迫力など出てくるはずが
ありません。

だから売れないのです。

次に、彼女たちは商品を売りたい
という欲ありきで
動いていることです。

ここには、お客様のニーズや希望
といったものが、

一切度外視されています。

だから売れないのです。

逆説的ですが、本気で商品を
売りたければ、
まずはその売りたいという
「欲」を捨てることです。

そして、「お客様の目線」に立って
どこまで考えられるかが勝負です。

いわば、お客様は「買う側」のプロです。

お客様を「素人」とあなどっているから、
いつまで経っても商品を買ってもらえないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す