楽しさはバランスの中に存在する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「楽しさというのは、
その人の能力とやろうと
していることのバランスが
取れているときに、
最も感じられるはずです。
それはちょうど不安と
退屈の境目です。」

 

(ミハイ・チクセントミハイ 心理学者)

 

「どんな男性が好み?」と聞かれて、
「頭が良くて仕事ができて美男子で、
スタイルも良くてお金持ち、
さらに私のことも大事にしてくれる人」
と答える人がいたとします。

仮に神様がその望みを叶えて、
理想の男性を目の前に連れてきてくれたとして、
何が起こるでしょうか。

その女性が男性の器に釣り合わなかったら、
5分と持たないでしょう。

まず話が噛み合わず、女性は緊張と
いたたまれなさに
「早くその場を立ち去りたい」
という衝動に駆られてしまうはずです。

お相手の男性は、そんな女性の様子を一瞥して
「これはないな」と即断し、
一瞬で恋人候補から外してしまうはずです。

住む世界が異なれば、
そもそも恋愛が成立しないのです。

あなたにとって理想の相手というのは、
世間的に見たハイスペックの男性ではなく、
「ちょっと頑張れば手が届きそう」
隣に座っている男性なのです。

もしも恋愛対象の男性のレベルを
上げていきたいと望むならば、
自分のレベルを上げて
住む世界を変えていくしか
道はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す