学び続ける人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人生すべてが授業です。
出会うものすべてが教師であり、
あなたは永遠の生徒です。」

 

(アブラハム・マズロー 実業家)

 

一流と二流の目利きの方法をあなたは
ご存じでしょうか。

簡単です。

「自分はまだまだ」と冷や汗をかきながら、
すべてから学び続けるのが一流。

「自分はできている」と自惚れて、
誰からも学ぼうとしないのが二流です。

特に分かりやすい指標が読書量です。

1ヶ月に1冊も本を買わないのは、
論外です。

世の中には「本が高い」とこぼす人がいますが、
そうした人に限って、遊興費やスマホの通信量には
惜しみなくお金を払っているものです。

結局のところ、そうした選択のすべてが
その人をつくっていると思うと、
世の中はつくづく公平にできています。

「自分は本以外から学んでいるから大丈夫」
と胸を張る人もいます。

しかし、「誰から学ぶか」というのは
とても大事なことです。

自分が二流でいる間は、周りに集うのも
二流の人材です。

ところが、本であれば一流の人材から
学び放題の環境が用意されています。

読書は一流を目指す人にとって、
圧倒的にコスパがいいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. きりりん より:

    マサさんが本を買い続けている姿がまさにこれですね^ – ^

コメントを残す