目標を達成できる人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「結果より経過(プロセス)を
自分への戒めとした。
経過に最善を尽くし、
結果に対しては開き直る。
『ここまでやったのだから
ダメでもしょうがない』と。
そう思えるまで全力を尽くす
ことにしたのだ。
すると人生が変わり始めた。
結果にこだわらないことで、
逆に結果が出始めたのだ。」

 

(小倉広 経営コンサルタント)

 

「結果が出ない」とぼやいている人
がいます。

ところが、そうした人に限って準備が
甘いのです。

客観的に見ていて、
「それでは結果が出なくても当たり前」
と感じてしまいます。

実際、結果を出す人たちは、
「これでもか」というくらいに
準備をしています。

とにかく考えつく限りの準備を、
徹底的に行っているのです。

計画の途中で改善すべき点が見つかったら、
今までのやり方を躊躇(ちゅうしょ)なく
捨てて、新しい方法を取り入れます。

これだけ頑張る人間の姿を見せられれば、
神様ならずとも「何とかしてやりたい」
と思いたくなるのが人情です。

たとえば、買い物に行ってレジでお金を払うときに、
たとえ1円でも不足していれば商品を買い取ること
はできません。

逆に、レジで余計にお金を払う人には、
商品に加えてお釣りが来ます。

目標達成もこれとまったく同じ考え方です。

お釣りが来るくらいに準備を重ねた人だけが、
欲しいモノを手に入れらるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す